これからもとても役立てる応用ができる

動物プラセンタは原料となる動物の育てられかたや他管理体制により含まれる成分が変わります。
そして、以前健康食品や化粧品は牛のプラセンタを使うと言ったことが主流だったのですが、
狂牛病の感染について問題が出てきて、今は取り扱うことができなくなったのです。
そしてその後豚プラセンタが主流に移りましたが、これからわかることは原料となる動物により安全性に違いがあると言ったことです。
そして今化粧品や健康食品に配合されているプラセンタの主流は豚なのですが、豚は病気の感染を防ぐようにするために、
いろいろなワクチンや薬剤を投与されていることが多いので、原料の質が疑問視され始めていて、最近馬プラセンタの方が注目されている状況なのです。
そして、実際に馬は豚に比べて病気の心配が少なくて、サラブレットともなれば徹底した管理体制の中でそだてられいますから、
とても良質な活性度が高いプラセンタエキスが抽出できます。
そして、気になるプラセンタ注射にかかってくる費用は保険適用だと1回500円程度であり、自費診療であっても1回1500円ぐらいですから、
そんなに安いお金がかかることがないので、エステに行くより安いですから、お得でしょう。

2014年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

このブログ記事について

このページは、Puenteが2011年2月20日 10:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「とても役立てるような知識を得るようにする」です。

次のブログ記事は「好きだった人に彼女が・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

気になること
釣り
温泉
グルメ